酔心伝承の白1柳刃包丁で平は鏡面仕上げです。

鍛冶屋さんは堺で白1鋼の鍛造ができる数少ない鍛冶屋さんで伝統工藝士の富樫さんで、富樫さんが打つ白1鋼は硬いのですが非常に粘りがあり欠け難くなっています。

刃つけは酔心本霞プラス仕上げなので、自分で研ぐときもかなり研ぎやすくなっています。